目立ちにくい矯正

INVISALIGN

矯正治療で健康的で
美しい心と身体に

欧米では歯並びが就職先にも大きく影響するので、子供の頃からの矯正治療は非常にポピュラーなものです。
日本でもその傾向が現れており、小児から成人まで多くの方が矯正治療で新しい自分を手に入れています。
矯正治療によって、より美しい笑顔に貢献できるので当院からもオススメしたい非常に価値の高い治療だと考えています。
その中でも最近非常に人気のある、マウスピース矯正についてご紹介します。

  • 欧米ではポピュラーな矯正治療
  • 将来を見据えても価値の高い治療と言えます

*

歯並びで顔の印象が
決まるってホント?

*

人の第一印象は、メラビアンの法則でもわかるように、見た目などの視覚情報が55%を占めています。
特に顔の印象がその大半を占め、その中でも口元の印象によって、顔全体の印象が大きく左右されると言われています。それは、口元が表情を作るうえで重要な役割を果たすからです。
特に、笑顔において歯並びの状態は、その印象を決める大きなポイントになります。
あなたは、歯並びや笑顔に自信がありますか?

口元は表情をつくるうえで重要な役割を果たします

歯列矯正を
したほうがいいの??

矯正は見た目の変化だけじゃない?!歯並びは体全体の健康にも関わる?!

歯並びの状態は、顔全体の印象に影響を与えると言われています。
歯並びで笑顔の印象が左右される、自信につながる!など、歯並びの重要性が改めて認識されるようになっています。でも実は、歯並びが悪いことは見た目の問題だけではなく、体全体の健康にもマイナスの影響を及ぼす場合があります。
その体の不調、歯並びが原因かも!?
歯並びや咬み合わせが悪いと、体に様々なトラブルが起こる可能性があります。

あなたの体には、
こんなトラブルは
起こっていませんか?
  • 虫歯や歯周病になりやすい
  • 歯やあごに不自然なストレスや力がかかりやすい
  • 歯の欠損や摩耗などが起こりやすい
  • 食べものが噛みにくい
  • 頭痛や肩こりがひどい

たくさんある
歯列矯正のメリット

歯列矯正で歯並びを整えることで、見た目だけではなく、歯並びが原因となって起こるいろいろな体の不調を改善できる可能性があります。
また、早めに治療を開始すれば、これから起こるかもしれない体のトラブルを防ぐことにもつながります。
歯並びが気になる方は、これから紹介する「歯列矯正のメリット」をチェックして、ぜひ一度検討してみては?

メリット

  • 虫歯や歯周病になりにくくなる

    歯並びが悪いと、歯と歯の間や歯と歯肉の間などに歯ブラシが届きにくくなり、歯を衛生的に保ちにくいことがあります。歯列矯正で歯並びを整えれば、歯ブラシが届かなかった部分もしっかりキレイに磨くことができるようになり、虫歯や歯周病にかかるリスクがずっと低くなります。

  • よく噛んで
    食べられるようになる

    歯が適切に咬み合っていない状態だと、しっかりと食べ物を噛むことができませんが、歯並びと咬み合わせを改善することで、これまで噛み切れなかった食べ物でも噛むことができるようになります。

  • 正しくはっきりと発音できる

    歯と歯の間に隙間があると、空気が漏れて正しく発音できないことがありますが、歯列矯正によって歯と歯の隙間がなくなると、発音しにくかったサ行やタ行もはっきりと正しく発音することができるようになります。

  • 顎の関節の不調が軽減

    咬み合わせが悪いと、噛むときに顎や筋肉に異常な力がかかってしまうので、「口が開きにくい」「口を開けると痛い」「顎の関節で音がする」などの不調が起こる場合もあります。
    原因が明らかに歯並びや咬み合わせの場合には、歯列矯正を行なうことで顎の不調が軽減されます。
    あなたの顎の関節にトラブルはありませんか?

  • 顎の成長異常を防ぐ

    成長期の場合は、歯並びが悪いことが原因で顎が正常に成長しなかったり、逆に成長しすぎることがあります。顎のサイズは顔の印象に大きく関わることなので、絶対に防ぎたいですよね。早めに歯列矯正を行なえば、顎の成長異常が起こる可能性を低くすることができます。

  • 顔のバランスが良くなる

    顔の印象は骨格の影響を大きく受けるため、咬み合わせが悪いと顎の位置が前後してしまい、バランスの悪い顔立ちになってしまいます。歯列矯正によって咬み合わせが正常な状態になることで顔のバランスが整い、顎のラインがすっきりします。

  • コンプレックスを解消し、
    自信が持てる

    歯並びが悪いと、それがコンプレックスになってしまい、人と接するときに自信を失ってしまいがちです。
    歯列矯正で歯並びを改善すれば、口元を気にすることなく会話を楽しめたり、思いっきり口を開けて笑ったりすることができ、人に接するときに自信を持てるようになります。

インビザラインとは?

アメリカで1998年に開発された、マウスピース型矯正装置を使用した矯正治療システムの名前をインビザラインといいます。
2001年にヨーロッパで導入開始。その後オーストラリア香港、アジア、韓国と導入され日本では2006年から導入されました。現在世界で300万人の矯正治療の実績(2015年3月現在)があります。

“透明で目立ちにくい”取り外しのできる歯科矯正システム

2週間に1回
新しいマウスピースに交換
マウスピースは約2週間ごとに新しいものに交換します。少しずつ歯が移動するにつれて、理想的な笑顔へと近づいていきます。

インビザライン

インビザラインの特長

  • 01痛みがほとんど無い
    インビザラインは従来型の矯正装置に比べ、比較的痛みが少ないと言われています。その理由の一つとして、インビザラインでは一つのマウスピースで動く歯の移動量が0.25mmと決められており、過度な力がかかりにくいことが挙げられます。またワイヤーやブラケットを使用していない為、粘膜に当たったり刺さる痛みは無く、口内炎ができることはほとんどありません。
  • 02取り外しができて衛生的
    インビザラインは取り外し可能なため、従来型の矯正装置のように装置にプラークが沈着することがなく、歯や歯周組織を健康に保つことができます。
    またインビザラインは歯ブラシで簡単に洗浄することができて、とても衛生的です。
  • 03食べたいものが食べられる
    従来型の矯正装置だと、ほうれん草のような葉物は絡みやすく、また餅のような粘着性のあるものはくっつきやすい為、少なからずわずらわしさがあるかと思います。
    インビザラインの場合は取り外しが可能ですので、普段と変わらず食事を楽しむことができ、快適です。
  • 04金属による悩みも解消
    インビザラインはプラスチック製の為、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。
    金属アレルギーで矯正治療を断念した方も、安心して治療を受けて頂くことができます。
  • 05透明で目立たない
    インビザラインであれば、透明なので、矯正治療中であっても笑顔を見せることができます。
    相手に伝えない限り、誰も治療を受けていることに気づきません。
    透明で取り外しが可能なインビザラインを順次装着することで、綺麗な歯並びへと変化を遂げていきます。
  • 06話しやすい
    薄くなめらかな装置なので従来の矯正装置のような厚みや凹凸がないためしゃべりづらさや発音障害がありません。
    接客業務や人前で話す機会が多い方などにも、気軽に矯正を始めることができます。

インビザライン矯正の流れ

  • step01
    初診相談
    お口のお悩みをお聞きし、必要な処置や治療期間、費用などをご説明します。矯正を希望される場合は精密検査のご予約を取ります。
    メールの相談もお受けしています。ご不安や疑問がありましたらお問い合わせください。

    *

  • *
  • step02
    精密検査
    インビザライン矯正治療に必要な検査を行います。口腔内診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯型の印象採得、唾液検査を行います。
    約45分間を要します。

    *

  • *
  • step03
    コンサルテーション
    診断結果、治療計画や治療期間についての説明を3Dのシミュレーション(クリンチェック)をご覧いただきながら行います。
    ここで、虫歯や歯周病の治療の有無やお支払い方法についてもお話しします。

    *

  • *
  • step04
    インビザラインの発注
    治療シミユレーションを承認し、インビザラインを発注します。
    インビザラインが到着するまで約3週間かかります。

    *

  • *
  • step05
    インビザラインの治療開始
    アタッチメント(プラスチック)を歯の表面につけ、最初のマウスピースを装着し、取り外し方を練習します。 また説明と注意事項を受けて頂きます。
    ここでマウスピースとアライナーチューイをお渡しし、次回のご来院は2週間後になります。その後のご来院で必要があれば歯のサイズの調整(IPR)を行います。

    *

    ご自宅でのステップ
    1日20時間以上の装着。約2週間ごとに次のステップのインビザラインを患者様自身で交換して頂きます。治療期間は症状により異なります。ご来院は8週間に1回となります。
    医院でのステップ

    定期的に歯の動きを確認します。8週間ごとに来院して頂きインビザライン使用状況、口腔内の状態を確認します。

    確認事項
    1. インビザライン装着時間、装着状況
    2. アタッチメントの有無
    3.インビザラインの適合状態
    4.咬み合わせの状態
    5.口腔内の衛生状態
  • *
  • step06
    治療終了(保定)

    最終的な咬み合わせをチェックします。

    診査事項
    1. 歯が計画どおり動いているかを確認。
    2. 治療後のレントゲン撮影、口腔内写真撮影。
    3. 咬み合わせの確認と調整。
    アライナーの全セット装着が完了し、さらに歯を動かす必要がある場合はアライナー追加のための型取り(リファイメント)を行ない、治療を継続致します。
    問題なければ保定期間の開始となり、着脱可能なリテーナー(保定装置)を装着して頂きます。3~6ヶ月ごとに通院し、歯並びの定期的なチェックを行います。
    保定期間は約2年間となります。

    *

    おつかれさまでした!!

インビザラインの
お手入れ方法

  • 洗 浄
    • 使用中のマウスピースは、洗浄してから口腔内にセットします。
    • マウスピースは歯を磨くように普通の歯ブラシを用いてブラッシングし、汚れを取り除いて下さい。
      尚、歯磨き粉は使用しないでください(傷がつきます)
    • 汚れが気になる方にはインビザライン専用のクリーナーをお勧め致しております。
  • 外出時
    • 外出時は必ずインビザラインの専用のケースを御携帯下さい。
      置き忘れの紛失を防ぐことができます。
  • 着脱時
    • 着脱時無理にマウスピースを口腔内から取り外すと破折する場合があります。
    • 口腔内から取り外す際はなるべく奥歯の方から、左右均等にアライナーを浮かせながら内側から少しずつ外してください。